うつ病 心理カウンセリング 認知症 岐阜

林医院 うつ病 心理カウンセリング 認知症
うつ病 心理カウンセリング 認知症 林医院のご紹介
林医院の理念
院長ごあいさつ
院内の紹介
診療時間・地図

うつ病 心理カウンセリング  認知症 林医院のご案内
精神科
心療内科
心理カウンセリング
内科・小児科

うつ病 心理カウンセリング 認知症 林医院インフォメーション
代替医療
健康食品
求人情報
リンク集

うつ病 心理カウンセリング 認知症 林医院ご質問
よくある質問Q&A

うつ病心理カウンセリング 認知症
うつ病心理カウンセリング 健康食品 認知症
                   健康食品

健康食品と医療の現場
うつ病心理カウンセリング 健康食品 認知症  西洋医学を基にする、現在の医療では、
 「認可された薬」というものが欠かせません。

 しかし、その薬が危険であっても、
 メーカー保護の為に売られ続けていたり、
 患者に必要であっても、
 メーカー保護の為に輸入が禁止されていたり、

 そんな時に出会ったのが、健康食品でした。
 「薬」とは認可されていないけれど、
 患者さんが食べられる食品がたくさんあります。 

 もちろん「ダメな健康食品」もあります。
 医師と患者が、双方ともに勉強し、
 正しく使っていくことが大切です。

健康食品「ピクノジェノール」
うつ病心理カウンセリング 健康食品 認知症  健康食品にはさまざまな種類があります。  当院でも、患者さんに合わせ、  いくつかの健康食品をお勧めしています。  その中でも、  私が特におすすめするのが、  「ピクノジェノール」です。  ピクノジェノールは、特にADHDに使用され、  フランスでは糖尿病性網膜症の医薬品として認められています。  またアメリカでは、不眠に悩んでいる方や  美肌を目指す方が使用しています。

ピクノサプライへ

私がピクノジェノールを勧める理由
●多くの方に使われている。(下記に詳しく述べます。)
●欧米での数十年に渡る研究結果から、成分分析とともに安全性が確認されている。
●上記のことを、私自身と家族ぐるみで体験した。
●ピクノジェノールといえば、ホーファー・リサーチ社の製品1種のみで、
 他の多くの健康食品のように製法や産地がバラバラで分かりにくいということが無い。

ピクノジェノールはこんな方が使っています!
うつ病心理カウンセリング 健康食品 認知症  ●血栓予防
 ●ADHD
 ●糖尿病性網膜症(フランスでは医薬品として認可)
 ●美肌効果(アメリカで飲む化粧品として有名)
 ●鎮痛作用(腰痛やヘルニアなどに)
 ●子宮内膜症や生理痛
 ●不眠(眠りが浅い方)
 ●こむら返り(ふくらはぎのけいれん)が多い方
 ●慢性疲労症候群
 ●花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー
 ●アルツハイマー病

ピクノジェノールの安全性
健康食品として「食べる」物だからこそ、
安全性は一番に考えなければなりません。

副作用の無い薬はありません。
軽い・重いはあるにせよ、
良い効果と、副作用を考え、
実際に使用するか判断しなければなりません。

ピクノジェノールの安全性は、
過去30年以上に渡り、
フランス・イギリス・アメリカ・ドイツ・イタリアなどの
大学や研究者によって確認されています。

ピクノジェノールにも副作用はあります。
ごくまれに胃腸障害や発疹が見られます。
このような軽い副作用は
どんな健康食品にもあります。
「健康食品だから副作用はない!」
というのはウソです。
副作用がないのが本当だとすれば、
良いメリットもないというのが現実です。

ピクノジェノールを食べるには?
医療・薬事法により、認可されていない健康食品は、 当院で出したり売ったりすることはできません。 ご自分で購入していただくことになります。 ただし、それを本当に必要としているのか? 私は使っても大丈夫なのか? どういう風に飲めばいいのか? 不安や疑問はどうぞご相談ください。

ピクノサプライへ
うつ病心理カウンセリング 健康食品 認知症

COPYRIGHT(C)2007 うつ病 岐阜 林医院 ALL RIGHTS RESERVED.